Twitterボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20091110003942

ちょっとイラっとさせる感じに調子に乗った写真。あいすいません。



話題の、流行りの、旬の映画見てきました。『THIS IS IT』。この映画、知り合いがこぞってブログで絶讚しており、敬愛する近藤芳正先輩なんか先日鍋をご馳走になった際にその魅力を『笑いの大学』を彷彿とさせる熱量で薦めて下さいましたので気にはなっておりましたら、その場に一緒にいた猫☆魂佐々木がその後すぐ見に行ったらしく、やはり自身のブログで絶讚しておりましたものですから、こっちとしては『見たい度120%』。やもたてもたまらずじゃとハードル高く新宿バルト9。平日午後満員。


完全にハードル上げ過ぎました。つうか、元よりワタクシ自身、マイケルジャクソンに思い入れが無かったのです。更には日頃から大して音楽を聞いとらんのです。そんな輩が浮き足立って観に行ったもんですから、ちと、一般の皆さん程震えなかったのです。MJは悪くありません。そんなワタクシがイケなかったのです。

や、でも、ステージングの素晴らしさやマイケルJの『華』は感じましたよ。スゲーなーて。かっけーなーて。ええ。……。ぐらい。


そういえば2年位前に一時話題になったグレゴリーなんとかっつう芸術家の移動美術館をお台場に観に行った時も同じ事感じたなぁ。

『俺、この感性欠落しとるわ』と。


もうあんまり、書くのやめよ。疑われるわ。


是非佐々木光弘の『THIS IS IT』の感想ブログのテンションとの違いをご確認下さい。
これが音楽のある人間と無い人間差です。



当然写真は観る前の勢いです。


観るか観ないかは、あなた次第です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akieda.blog23.fc2.com/tb.php/480-ac2d7e80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。