Twitterボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今思えば10代半ばの多感な時期には『30歳』つったらいい感じにおっさんで結婚して子供がいるだろうぐらいに漠然と思っていたのですが、そのまま漠然と過ごして来たら嫁も子供もおらず、来月で30を6年も過ぎようとしています。


別段『30歳』の時の自分なんかをブログで振り返ったところで区切りの良いおっさんの日常でしかないので止めときますが、そうそう、30歳の時に猫☆魂に所属しましたわ。

旗揚げから出演はしてましたが当時違う劇団におりましたので他のメンバーより随分後になっての所属でした。
30歳の私に対して当時最若手は24歳の井澤。初めの頃は

「自分が30の時には今の秋枝さんを超えてたいっす!」

なんてリスペクトめいた事を言うてくれてましたが、たった2年後には
「あんたの芝居を袖から見てたらヘドが出るよ」
と別人のような成長を遂げておりました。人って怖いですわね。



個人的には29歳から30歳になる時はなんだかミレニアム!的なノリで「大台なっちゃったー!」て感じでしたが30歳から31歳になる時に初めて現実と向かい合い、取り返しがつかない何かが着実に乗っかって来たのを覚えてます。

きっと井澤が30代という得体の知れないモノと向き合うのは来年でしょう。
そんな今年30歳になる彼が来月、約1年ぶりに舞台に立つと言う。6年前の私を超えているかどうかは火を見るより明らかなのでこちらから引導を受け取りに出向いてやろうとおもふ。違ったらまた6年後に持ち越そうともおもふ。
スポンサーサイト
2010.08.28 夏終盤

日テレの24時間テレビが来ると「夏(休み)も終わるな」と刷り込まれてるものよ。

例年に無く今年の夏は遊んだ。8月アタマに映像を1つ終えてからはoff状態。

三年振りに帰省して、親戚友人家族と飲み食い倒し、その勢いのまま帰京途中に和歌山に旅。和歌山に帰省中の友人の実家に滞在4日。家風呂が温泉湧いとるがな。TVが60インチやがな。
飲んで食って海行って飲んで那智の滝見て食ってラフティングしてケツ打って飲んで温泉入って飲んだ。

あまりに居心地良過ぎて隔月で、や、隔週で行きたい。


かなりリフレッシュして東京に戻ってきて1週間。休みボケとケツの痛さは未だ抜けず。

今日はこれから今年下半期の楽しみ企画でワタナベエンタへ打ち合わせ。
9月入ったらすぐバンダラコンチャの稽古。


アタマ切り替えケツ押さえつつ。

約3年ぶりに帰省しました。まずは弟家族が住む福岡へ飛びましてそこで両親と弟ファミリーと合流。1歳半になる姪とも初めまして。一晩だけの宴でしたが家族3世代で飯を食う事に喜びを感じました。甥っ子と姪っ子に囲まれて始終おっさんはデレデレだったよ。調子に乗ってお風呂とか入れちゃったよ。


翌日、弟ファミリーと分かれ両親と山口県萩に帰郷。お盆の時期に帰省するのはおよそ10年ぶり位なもんですから集まった親戚達とも10年以上ぶりに会いました。結婚した者や子供が生まれた者、初めましての親戚、亡くなった者。色々引っ括めて『血』というものを強く感じた時間でした。

夜は地元の仲間達とも会えて近況報告。久し振りでもあの頃と変わらないテンポとノリに今の自分のアイデンティティーに大きく影響を与えた何かを再認識。

ホントに今回の帰省は諸々タイミングが良かった。まぁ、本家の長男の長男であるワタクシが未だ独身である事にさすがに皆『良い話し期待してるよ』と口を揃えて葉っぱかけられましたがそこは甘んじて受け止めましたよ。がんがります。

さて、里帰りも終わり次はその足でいざ和歌山!世界遺産、熊野古道目指します。はい、バカンス的なヤツです。



上手い役者は小道具の使い方も上手い、なんて言われますが一番最近やった舞台で小道具の携帯電話を持ち忘れて舞台に出てしまい、その後毎ステージ、19才も年の離れた娘役(ごとぅー)に『お父さん携帯持った?』と介護されました、芸歴16年秋枝です。



猫☆魂で使った印象的な小道具ベスト3

3位 カツラ(アロマ)
前半の終わりに交通事故を起こして後半は刑務所から出所したところから始まる為、前半は短髪を隠してショートボブみたいなカツラを被って演じてました。今思えば見た目完全にコントでした。


2位 ロング水パイプ(グッドラックグッドドラック)
謎の合成麻薬を1m位の長い水パイプで吸引してラリり捲ると言う役。猫☆魂旗揚げ公演。ぶっ飛んでたなぁ。役づくりで髪はドレッドにして芝居中ではふんどし1丁でメガホン持って歌ってたなぁ。


1位 ファミコン(NEW LIFE)
芝居の最後でホームレスになった元芸能事務所マネージャ(私)が上半身裸にスーツのベストを来て首からファミコン本体(四角ボタン)をぶら下げて街角で突っ立って寝ているというドシュールなエンディング。その時客演してくれた動物電気の辻修は同じ舞台上で全身タイツ。ぶっ飛んでたな。



しごともひとだんらくしたのでなつらしいことをと、こんどうせんぱいにさそわれてたかお山びあまうんとに行きました。高尾さんびあまうんとは山のうえののみや。へいじつのひるまからさけをのめるなぞの大人たちがいっぱい。

ながめもよく、てんしょんがあがり、ゆうぐれ前から、るーびーとはいぼーるにのまれほうだいになりました。

せっかくなんでよるの山をさんさく。ななふしがおりました。せんぱいはてんしょんがあがりすぎてちょっとおかしくなりました。
たのしかったです。
よのらろまめゆ。


さて、らいしゅうまつはひさしぶりにじっか山口県萩にきせいします。ひさしぶりのれんちゅうとのみたいです。なつらしくなりそうな夏。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。