Twitterボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワタクシの顔のつくりは完全に母親似である。
参観日なんかは母が教室入ってくると同級生が笑っちゃう位似ていた。
1度だけ母親の実家で子どもの頃の写真を見た事あるが自分に似過ぎてて引いた覚えがある。


ここで母親の写真でも載せたいところだが写真が無かった。

『写メ撮って送って』

とメールしようかと思ったがバッチリメイクではにかんだ写真なんか送られてきたらゾッとするのでそれもやめた。

1187836294_photo[1]

写真は山口県出身の詩人、中原中也である。唐突であるが母の若いころに似ていたので載せてみた。



今年の夏は3年ぶりに帰省出来そう。その時にでも撮ってこよう。
スポンサーサイト



昨年12月に出演しました
『シーサイド スーサイド』
『ハイカラ』
のDVD発売イベントが行われる事になりました。ワタクシは昼夜ともに出演します。DVDの仕上がりが楽しみでありつつもクワオハ小原正子やら、オッシーらとのトークも何言われるやらと怖くてなりません。


お席はかなり限りがあるようなのでどうぞお早めに!

以下詳細。




「bpm FESTA 2010 ~DVD発売記念スペシャルイベント~」

2009年12月、新宿スペース・ゼロにて公演された
『シーサイド・スーサイド』と『ハイカラ』
の公演DVD発売を記念して、bpmメンバー(浅沼晋太郎・伊勢直弘・猪狩敦子)が出演者たちをゲストに迎えトークイベントを開催します。あの笑いと感動を出演者と一緒にもう一度!


▼日時:2010年7月3日(土)
第1部「シーサイド・スーサイドedition」
12:30開場/13:00開宴-15:00終了予定
チケット料金:¥3,000(税込)
出演:浅沼晋太郎 伊勢直弘 猪狩敦子
ゲスト:木村良平 次原かな 秋枝直樹 ケント・フリック


第2部「ハイカラedition」
17:30開場/18:00開宴-20:00終了予定
チケット料金:¥3,000(税込)
出演:浅沼晋太郎
 伊勢直弘 猪狩敦子
ゲスト:秋枝直樹 郷本直也 牧野由衣 谷口賢志 押野大地 小原正子 (クワバタオハラ)

▼会場: 原宿 Vacant
東京都渋谷区神宮前3-20-13
http://www.n0idea.com/vacant/top.html
東京メトロ千代田線/副都心線 「明治神宮前」駅 5番出口より徒歩7分

JR「原宿」駅 竹下口より徒歩7分
※桟敷(座布団)での指定座席になります。あらかじめ
ご了承ください。

▼先行販売受付期間
本日~2010年6月2日23:00まで
※お申し込み人数が定員を超えた場合、抽選となります。
※指定座席の振り分けは先着順ではありません。
※先行販売受付期間終了後に、チケット料金のお振込先のご案内をお送り致します。


▼一般発売
2010年6月5日(土) 10:00~

▼チケットはこちらのサイトから
http://besten.shop-pro.jp/


先日の舞台を昨年1月『アヴェマリ!』12月の『シースー&ハイカラ』でお世話になった作演出の浅沼晋太郎氏が千秋楽に観に来てくれた。丁寧に差し入れまでくれて

「千秋楽だから荷物にならないものを…」

と米2kg×2を持って来やがった。もとい、持って来て下すった。



そりゃ有り難い。有り難いよ。だって江戸時代までは税金の代わりだったんだからね。ただ帰りに腕がもげそうだったよ。



さらに、今回の作演出の吉岡にはダウニー2L×2本を渡してたよ。



なんだろう。
「もっと柔軟に」
とかのメッセージが込められているのだろうか。千秋楽にやりおるわ浅沼晋太郎。



そんな浅沼氏と演った舞台『シースー&ハイカラ』のDVD発売イベントが7月3日に都内某所で行われる事になりました。太宰再びでしょうか。某所てどこやろ。
キャスト連中とも久々会えそうで楽しみではあります。鬼才浅沼晋太郎率いるbpm主催ですから多分期待出来るイベントになると思います。

詳細はまたお知らせさせて頂きますのでスケジュール空けといて下さいませ!



健康つうんはホントに崩してやっと大切さに気付くよね~~的な考え方が、最近では日頃から少し健康に気をつけ生きている自分に気付いて、あぁ私も歳とってきたなぁなんて思いつつも結局のところ芝居終わった直後から寝込んでおりました秋枝です。飯食って寝て飯食って寝て回復しました。



その公演の千秋楽でお客様を見送りしておりましたら、うっすらと見覚えのある顔がニヤニヤしながらおりまして、良く見たら高校の同級生のセイジでありました。何故にここにお前がっっと!?
出張に合わせて福岡からチケット取って観に来てくれたらしい。ダマで。


彼とは高校時分は随分一緒にバカやりまして、センター試験で泊まった旅館の風呂場で覗けもしないのに交替で土台になって女風呂覗こうとしたり。

〇П_ ←全裸

その彼と約15年振りぐらいに会いました。昨年の12月の公演にも地元の仲間が来てくれたのだけど、この世界に足を踏み入れる前の自分を知ってる連中に見られるのはなんとも照れ臭いくも嬉しいものであります。彼らとの学生時代は今の自分のアイデンティティーの一部でもある訳だし。何にしろはるばるありがとうよ。



そして、そのセンター試験は2人ともすべったりしておりました。

『空飛ぶツチノコ』御来場いただきました皆様、ありがとうございました!
今回は役者人生初の父親役を演じまして、つうかキャラ強めでしたから父親像自体はだいぶふざけたモノではありましたが、そこがライトコメディーの良さでもありますよね。と擁護。


それにしても、初のワタクシの娘役が可愛いらしいアイドル、ごとぅーでしたので、劇中でもありました通り、似ても似つかず恐縮の極みでありましたわ。きっとDNAのひとカケラも一致しないでしょう。ありがとう、そしてごめんね。


共演者も気の良いメンツばかりで随分楽しい時間を過ごさせて頂きました。稽古場や楽屋は部室の様なノリで顧問の先生になったような気分でした。や、そんなしっかりしてなかったか。ありがとう、そしてごめんね。


またいつかこの連中と一緒に探したり模索したりする日が来れば良いなぁと、思います。ありがとう、そしてありがとう。
2010.05.16 あと2つ

本日もたくさんのお客様に御来場いただきましてありがとうございました!

昼夜公演の間は楽屋でダラーッとして鋭気を養っております。ケイタリングの糖分を摂取しながら停滞しかける頭の働きを何とか保ってます。終わったらルービーとハイボールを煽って爆睡です。
t02200293_0768102410543069062.jpg


公演、明日残り1日であります。千秋楽は完売してしまいましたが12時の回は当日券御用意出来るようですのでお待ちしてます!
猫☆魂VOL9ぐらいの作品だわね。ワタクシは『チバコウスケ』と言うロックスターみたいな役名だったね。役自体は地味な電力会社員で岸潤一郎と兄弟役だったね。
この頃はまだ猫☆魂名物、劇中大喜利が存在してたね。


で、
一番しんどかったのは中西さん演じる同僚ミズシタとオープニング間も無く2人で妄想コントをした事だろうか。
稽古場で突然演出から
『じゃ、ここで2人ミニコント挟んで。何か考えて来といて。』
と。

「演出」というか「発注」を頂いた我々2人は、どうゆう流れでそうなったか忘れてしまったがワタクシがブラジル人嫁で中西さんがダメ亭主という設定。電力会社員の格好の2人が夫婦コント。本編には一切関係無いシュールすぎる内容だった。

残念ながらその様子はDVDとしてしっかり残されている。


『空飛ぶツチノコ』始まりました。2日目終了。今日もたくさんのお客様に御来場いただきましてありがとうございました!お仲間も来て下さり嬉しゅうございました!


ただ今日はとんでもないところでセリフを噛んでしまいました。暗転前の重要なセリフをベロがもげるんじゃねぇかってぐらいに噛みまして、客席が失笑の嵐の中、暗転。


ホントに失礼致しました。明日から気合い入れ直します。
16日までやっておりますのでよろしゅう。



公演ブログ
http://blog.livedoor.jp/skytsuchinoko/
2010.05.11 槌の子の件
昨日、稽古もついに終了してまいまして、稽古後にはスタジオで景気付けにピザ会なぞ。



約2週間、キャスト7人集中してようやりましたな。毎日ツチノコ探しに没頭しましたな。若手も、よう頑張りましたな。



明日より劇場入り。の前に今日はキャスト休み。ゆっくり寝まして、夕方辺りに持て余して劇場にフラッと行ってまいりました。

ポップなええ感じのセットが出来上がっておりました。
明後日より始まりますのでどぞよろしく。





「空飛ぶツチノコ」公演ブログ

2010.05.03 差し入れ甘味




『嘘をついてなんぼの商売でございます。』


これが医者や教師なら問題だが、こと役者となれば話しは別である。
医師免許もなけりゃ保険料さえも滞納してそな人間も、役がつけば心痛な面持ちで患者に病状を語る。学生時代は酒と演劇に明け暮れてろくに学校なんか行かなかった人間も板の上では熱血漢に生徒を説教。

役者と嘘は切っても切れない存在なのだけれども、時に、
『芝居(演技)に嘘が無い』
と評価される場面が多々ある。複雑な世界である。

きっとこれは言葉のあやで、そこに嘘は確実に存在するのだけれどもその嘘にいかに陶酔しているかという事だろう。むしろ周囲をも錯覚させる極上の嘘。
嘘だからこそ楽しめて、嘘だからこそ安心して共感出来る。


なんて話しを最近たまたま仲間や先輩と話した。




そして、そんな嘘ばっかりで楽しめる舞台にワタクシは5月12日から出演する。
『空飛ぶツチノコ』

どうだ、この嘘みたいなタイトル。ただ出演するのは事実です。是非!

公式ブログ
http://blog.livedoor.jp/skytsuchinoko/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。