Twitterボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は朝から訳あってスーツで神保町。着慣れない服着て、来慣れない街に。

ジ・オフィス街てなもんで、せっかくだから昼時にサラリーマンづらしてランチに出てみる。

サラリーマンと言えば蕎麦屋でしょと。エセリーマンが本物に紛れて蕎麦すすってみました。


店内はお客で溢れ返ってて、当然の様に相席。


向かいの同い歳位のサラリーマン2名。1人は嬉しそうに新車の話し。もう1人は嬉しそうに結納の話し。



蕎麦湯をゆっくり飲むのを諦めて逃げる様に店を後にしました。


オフィスビルに映るスーツ姿の自分見て、良い歳してサラリーマン的なオーラの無さに何かしらの後ろめたさを感じつつも強がってほくそ笑んでやりました。
スポンサーサイト
結局明け方に帰宅して、頑張った一日に缶ビール2本。冷奴を肴にサラッとほろ酔い。


お!ニンゲンって、孤独!


や、別に後ろ向きな感じじゃなくて漠然と感じる時があって。久々の感覚。



先立って、数ヶ月前に感じた際には『ちょっと尾崎豊が孤独孤独ゆうてた気持ちが分かる気がするわ』と仲間に漏らしたところ『尾崎はそんな軽い意味でゆうてたんじゃないやろ』と一蹴。確かに相手は青春のカリスマですからね。けど俺、尾崎の年齢越した訳だから俺の孤独の方がリアリティあるんじゃなかろうか。


その先々々立って、当時付き合ってた女の子に『やっぱり人て孤独やね』と問うてみたら『へー、そうかね。』と一蹴。や、それこそが答えですよ。


あんまり『孤独』とか人に問うのはやめとこう。無駄に心配されても悪いし、というか一蹴されるのオチだし。実際は後ろ向きに見えるけど内心は前向きだったりするし。


孤独で立つとモノがグローバルに見れていいなぁ。とは思う。ただ集まりたい時は集まるし寄りたい時は寄るけども。






あ、白鵬が横綱に!

え、白鵬もモンゴル人?


白鵬お前もか。
2007.05.21 いざ鎌倉!
20070522005506
20070522005208
世の中に通勤ラッシュてものがあったのだと思い知らされながら朝っぱらから鎌倉へ!


駅に着いたら抜ける様な青空!


を、後目にロケバスに乗り換えて撮影現場に。ドナドナ的に。

現場は旧侯爵の大邸宅。文化財で部屋数が半端ねぇ。とりあえず2階への階段が3つぐらいあった。

次回撮影は明後日。晴れたら帰りに横浜とか散策したいな。


写真は邸宅。
2007.05.17 ヨコハマ
思わぬOFF日。


例によってTSUTAYA。友達の吉本芸人Mにオススメされた『ヨコハマメリー』をレンタル。
実在するメリーと称する横浜伊勢佐木町の娼婦のドキュメンタリーだが、この娼婦、最後に確認されたのが1995年で当時74歳。その高齢でも白いドレスに白い厚化粧で立ち続けた。現在は行方不明で最早、都市伝説のような存在で扱われている。作品自体も本人は殆ど出演しておらず、ゆかりのある人のインタビューで構成。

人間力というか女のプライドというかヒリヒリ感じてくる。

戦後のヨコハマの文化やら今の町並みなんかがメリーさんと共に語られてる。



今まで横浜には数回しか行った事が無いだけにここにきて凄い興味津々。今度、休みに散策するかな。
2007.05.09 カサリン
20070509140403
こんな略仕方するか知らんけど、久々休日に、原付があって、余りにも晴れたのでドライブがてら近くの葛西臨海公園に。


いや、まぁ恥ずかしい位にすがすがしいですわコレ!汐の香りと芝生の匂いが相まって、もう、アルコール飲みたいです。いや、飲酒運転は×なのでコーヒーで我慢ですが。


なんーか、GW明けのド平日の真っ昼間なのに結構おりますよ、アベックがアベックが!

そんな天使達をしりめに、こちとらTSUTAYAで借りた『20世紀少年』のコミックを自宅の如く芝生に横になって読んでますわ。もう自宅と違う事といったらちゃんとズボン履いてる事ぐらいですわ。ズボンも脱いでやろかてぐらいですわ。堕天使です。

程良く日焼けしたら『淋しそうな30代無職』と周りに思われないうちに帰ります。
2007.05.09 愛車とメタボ
20070509044803
先日バイト先の仲間に『買ったけど全然乗らないから』と言う理由で原付を借り受けました。


走行距離20km。
新車状態でホントに乗ってない。


大学時代以来の原付生活を満喫。



ただ、こないだの健康診断で『中性脂肪高め』と驚きの診断を言い渡され、更に自転車→原付では助長しかねないなと思いつつ今日も給油するのでしょう。
2007.05.07 GW明け
20070508054503
テレフォンショッキングの『100人に1人』はどう考えても出すぎだ。CXの見えざる手。


そんなGW明け。



写真は駅前の『船堀タワー』。去年のGW以来のちょうど1年振りに登頂。去年はフラッとブルーな気持ちで登ったなぁ。1年経つと同じ風景なのに違って見えるものだ。夏も近いなー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。