Twitterボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不意に時間が出来たので映画館。
東京の最果ての江戸川区船堀っちゅうとこに住んでるんですが実は人知れず駅前に映画館があるんです。ウチから5分に映画館が。邦画とアニメしかやらんのですがちゃんと新作も来て夕方の回は1200円で観れるんです。さすが区営。


で『それでもボクはやってない』

『Shall we ダンス?』の周防正行監督の最新作
自分も若手弁護士役でちょろっと出演してるんで試写を観るチャンスはあったのですが行きそびれてしまい、ようやく全編を観る事が。

痴漢の冤罪の話しでいわゆる「法廷モノ」です。難しい専門的な部分も分かりやすく演出してあり、ホント面白かったです。ひいき目抜きにしても。

一男として満員電車乗る時は細心の注意払おうと思いました。男ならいつブチ込まれてもおかしくない現実。恐いです。

あと、一役者として裁判官役の正名僕蔵さんがむちゃむちゃ良かったです。アレ、正名さんを知らん人が見たら本物の裁判官と思うぐらい普通でした。恐いです。
スポンサーサイト
2007.01.15 2週間遅れ
明けましておめでとうございました。

いやいや、今回の年末年始は近年稀に見る「芝居漬け」の年越しでありました。
年末年始とRONNIE ROCKET presents 49ers nano「ともだちのともだち」の稽古に明け暮れ、合間を縫って元日は堤幸彦監督の舞台を観劇して正月から監督や出演者の方々と飲んだり。

でもって、1月5日から始まった「ともだちのともだち」も昨日無事、千秋楽を迎えることができました。今回はかなり手狭な場所での公演でしたがおかげさまで評判も良く毎回大入りでの公演ができ、役者冥利に尽きる新年を迎えることができました。ご来場下さった方々本当にありがとうございました!!

今回の公演の内容は「mixi」と「都市伝説」を交えたポップなホラー芝居でありました。
昨今、事件の加害者も被害者もmixiに居たりする訳ですから、実際今回の芝居もmixiやこのブログ経由でご来場頂いた方もいて、芝居によりいっそうのリアリティを与えてくれました。


2007のスタートはこんな感じでしたが今月末には早くも我が劇団、猫☆魂の稽古も始まります!チケット先行発売も好調のようで、次回が楽しみです。
今年もどぞよろ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。